後悔⇒広がる世界

人の死に直面して一番思うのは「後悔」だろう。
ああしてあげれば、よかった・・・

そしておそらく自分の死に直面した時思うのも「後悔」だろう。
ああしておけば、よかった・・・

そう考えるうちに、
「後悔しないために今やるべきことはなんなのだろう?」と考える時間が増えた。
そしてまずは、
「社会人になってからではできないことを今のうちにやろう」と思うようになっていた。

日本の・・・富山、大阪、北海道以外に行ったことがない自分。
最初に思いついたのは
世界を見てみたいということだった。
それはKがあこがれていた大航海時代に影響があったのかもしれない。

そして、気が付いたらオーストラリアへ語学留学する手続きを終えていた。

2000年前半の当時、今ほどインターネットなどもまだまだ普及していない時代。
どうやってステイ先や留学先の大学を決めたのかはわからないのだけど、それはできた。

これまでの人生、ほぼ誰かが敷いたレールに乗り続けてる自分が、初めて自分でレールの外に出た感じだった。
やらされている人生ではなく、やりたい人生。

自分が本当に成し遂げたいことには、障害があっても突き進めるのだと、確信した瞬間だったかもしれない。

とは言っても留学先を決めただけだったんだけど(汗)

しかもその留学も1ヶ月で途中で切り上げて、ファームステイとか、農園バイトしながら旅しちゃう方向に(汗)

その思い出はきっといつか書き記すことがあるかも…しれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA