ミノムシの大発生と自然の話

今年はミノムシがやけに多かった。

でも、防鳥網を外してからスズメがあらかた食べてくれたようで、食害が止まった。

かつて、プロイセン(ドイツ)の王フリードリヒは、大好きなサクランボを食い荒らすスズメを目の敵にしていた。そして国民に、スズメの駆除を依頼。

一説によると80万羽のスズメが駆除されたという。

しかしその結果、毛虫やイモムシが大増殖しサクランボが実らなくなった。

「過度に隔たりを生じさせると自然は帳尻を合わせてくる」と師匠の教えが頭をよぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

隠し味

次の記事

農作業効率アップ?