経営理念と前職とか

2019年3月13日に新川文化ホールで「芋かいもちの源七」の三代目(まだ見習い?)窪田祐司さんが経営理念のお話をするっていうので、お邪魔してきました。

ちなみに、ボクは窪田さんの隠れファン。

今日聞いてきた経営理念もマジで感銘を受けたっす。っていうか、会場のすべての人(しかもほとんど全員経営者!)が「すごい若者だな。これはマジで新しい大きな波が来てるな」って顔をしてたのが印象的でした。

会場に来てた方たちって、自分が育ててきた会社を次の世代に移す段になってる方が多かったみたい。「どうやって育てたらこんな素晴らしい後継者がうまれるの?」とか質問に出てたし、「こういう後継者なら事業継承も安泰かもな」って思ってたんじゃないかと。

窪田さんの掲げる経営理念は、最近「note」っていう投稿サービスにまとめられ始めてるので、ぜひ確認してほしいとは思うのですが、その備忘録的なものだけをちょっとだけ。

「”地域ダントツ人気店”を目指す」。 前職であるスピンズ(アパレルの会社)で働いていた時のキーワードでもあるそうなんだけど、一回訪れてもらうだけじゃなくて、複数回足を運んでもらって、ファンになってもらうってことを重視しているってこと。彼の「”和と輪”和の文化を通して、笑顔の輪をつくる」 って言葉もそうした、地域に愛されるお店を目指したいっていう気持ちの表れなんだろーなぁと思ったりします。

で・・・彼は前職で学んだことや考え方を今の仕事に、しっかりフィードバックしているって思ったです。立場が違うけれど、ボクも「元公務員」っていうのがあるんですが、そこで培って来たものをしっかり活かしていく必要があるな~と再認識。今回の会でも「せっかく元公務員っていう肩書があるのだから、それを前面に押し出していくべきじゃない?」って言われたんで、その辺もっと掘り下げてみたいと思います。

さてさて・・・昨年開催されたうおづのビジネスプランコンテストで最優秀賞を受賞された提案「WARASHIBE」なんかも超すばらしい発想だなと思ったし、一緒にお話しさせてもらう機会があった中島果樹園さんとこでのイベントでもかっこいい感性の持ち主だなぁと思ってて・・・勝手にリスペクトさせてもらってる窪田さん。これからも彼の動きに注目しまくってます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA