切磋琢磨できる仲間

最近、天気が悪くて農作業できない日とか、園主はりんご農家の富居芳弘さんとよく話をしている。

写真の様に、彼は小学校や保育園なんかでもちょくちょくイベントを企画してて、最近は小学校や自治体からの依頼もずいぶん増えているそうな。
「継続は力なり」だし「ローマは一日にしてならず」だなって思う。

実は園主も彼のファンで、イベントがあるとできれば一緒に手伝わせてもらうようにしてる。彼が何を考えているのか、何をしたのかが、とても参考になるからだ。まぁ、パクっているといわれたらその通り(汗)

園主と、よく似た年齢、就農時期も一緒ということもあって、彼に置いて行かれないように頑張っているというのもまた本音。

基本的にボクはめんどくさがり屋なので、楽な方向に流れることが多々だから、こうした刺激を与えてくれる仲間の存在はデカい。
彼がいなければ、気が付いていないこともあっただろうし、やってなかったこともあったと思う。

切磋琢磨できる仲間。その存在は大きいなと思う今日この頃。

そんな彼との会話の中には、なるほどな~と思うことが結構あるので、今後は少しずつ投稿にしていこうかなと思ってます。気が向いたらだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA