黒部の能登さんに会ってきた

富山県黒部市でベリーなどの小果樹を専門に育ててる
能登さん夫婦にお会いしてきました。

能登さんは
ラズベリーを筆頭に
ストロベリー・チョコベリー・グーズベリー・ジューンベリーなどなど
ベリーと名の付くものはほとんど育てられてるんじゃないかと・・・。

ベリーといえど、品種ごとにいろんな性格があるわけで
畑の中でも日当たりなどを考慮して
植える品種を決めてるそうな。

また、井戸水から黒部の名水を汲んで
一本一本木に話しかけながら水をやってるそうです。
「毎日この子たちの状況も確認しながらみずやりしてるんだよ。
面倒かもしれないけど、こうすることで細かいことに気づいてあげられるんだ」
と旦那さんから果樹たちに対する並々ならぬ愛情を感じました。

とお話を聞いてると、
奥さんが奥でワッフルを焼いてくださって
自家製のジャムを上にのせてごちそうしてくださいました♪

能登さんちのジャムをこうしていただくのは初だったのですが
ジャムのスタイルは果実の形がしっかり残るプレザーブ。
洋ナシ、ストロベリー、イチジクのジャムを試食させていただきましたが
まるで新鮮な果実をいただいているかのよう。
特にイチジクのジャムは、基本イチジク嫌いな私でもお気に入りに。
イチジクの小さな種のカリカリした感じがアクセントになって激うまでした。

旦那さんがこうして本格的に農業を始められる前から
奥さんはイチゴのジャムなどをよく作っていたとか。
生活にこうしてジャムを取り入れている姿勢が本当にすばらしいです。

おいらも学生時代ブルーベリージャムを毎日パンにぬって食べてましたが
その頃は工場製品のジャムばかり。
当時からこんなおいしいジャム食べてたら
能登さんとこのジャム以外食べられなくなってたかも(汗)

能登さんありがとうございました♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    前の記事

    狂い咲きと返り咲き

    次の記事

    苗の植え替え