ハウス日記。おぼえがき。

8日昼。吉野地区農園にたどり着くことも困難に。

8日夕方。なんとか農園に到着。ハウスの屋根への積雪を確認。手でその雪をハウス谷に落して、ハウス肩下40cm程度以下まで積雪を抑える。9日朝までの降雪予測が50〜70cm→30〜50cmに緩和。9日朝にビニールを破るかを判断することに決定。ただ、倒壊の恐れもあり、ろくに眠れず。

9日朝。起きて外を見ると今まで体験したことのない凄まじい積雪に絶望する。除雪車来ず。家から出られない。ここで詰んだと投稿。死ぬほど心が乱れる。

9日昼前。ハウス健在の情報を頂く。家前の道路に除雪車が来る。吉野地区にも除雪車が来たとの情報を頂く。9日昼過ぎ。農園行きを決意。なんとか到着。ハウス屋根に昨日以上の積雪を確認(写真1枚目)。今回も手で谷に落として、肩下30cm程度までに積雪を抑える(写真2枚目)。10日朝までの降雪予測は20〜50cmで、これまでよりは少ない。とりあえずしのげることを期待。9日夜。夕方4時頃までハウスが健在だったと情報あり。

10日朝。昼前までに一度寒気が和らぐとの話なのでそのあたりをめがけて農園に向かう。

10日昼。ハウス谷の雪の排雪を開始。あまりの雪に全排雪は不可と判断、とりあえず肩下1m程度まで排雪(写真3)。夜の寒気が気になるところだが降雪予測では10〜30cm程度なので、しのげると判断。

11日昼。思ったより雪があり再度排雪。今のところ倒壊には至らず。

12日昼。谷の排雪継続、地面付近に到達(写真4)

13日昼。谷が雨により解ける。地面に到着。17日頃からの寒波が今のところどの程度なのか、それまでどれだけ雪が溶けるかが今後を左右しそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA