アーチング栽培法の実験

昨年の5月にバラ農家さんのところにおじゃましたときに
アーチング栽培法」ってのを教えてもらいました。

ブルーベリーさんへの応用も可能そうな気がしたので
テスト用で栽培してた樹の一部でお試し実験を実施。
一応下記の写真の通りの結果になりました。

実験1開始と目的:
枝を下垂させ頂芽優勢を抑制し、
基部からの新梢の発生を促す。
アーチング00

実験1結果:
基部からの新梢の発生を確認。
春に実験を行ったこともあり新梢は結果枝として成長した。
アーチング001

ってことで、予想通りの動きを見せてくれました。

で・・・
ブルーベリーへの応用を考えるとして
問題なのはこの下垂枝をつくる時期。

春くらい:
基部から結果枝を生じさせることが可能だが、下垂枝に生じる果実は品質が劣るはず

夏くらい:
収穫後に行うので果実品質は良いだろうが、基部から結果枝を生じさせるには時期的に厳しい
かつ、他のブルーベリーの収穫やらなんやらで実施は絶望的

と考えると現実的なのは春ごろの実施。
ってことで実験2を行いたいと思います。

実験2開始と目的:
下垂枝に生じる果実品質を確認する。
アーチング002

まぁ、そんなこんなでまた気が向いたら更新します。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA