自家製ヨーグルト

最近お腹の調子が悪いので…ヨーグルトの量産開始。

以前は、カビとかの侵入が怖くて、容器を神経質なくらい殺菌・滅菌してからヨーグルトを作っていました…(アルコールに煮沸などなど)

故に、ヨーグルトづくり≒面倒、という思い込みが。

しかし、ある方に「え?容器なんて普通に洗ったあと、乾かしとくだけで大丈夫」って言われまして。試してみたら、問題なし(汗)

それからはヨーグルトづくりがかなり楽になりました。

うちのヨーグルトの種は、その辺の市販のモノ。ブルガリアヨーグルトだったり、ビヒダスだったり。その時の気分です。

市販ヨーグルトを使うと、最初の一回目は菌の活性が弱いのか、通常の2倍くらいの時間をかけて発酵させる必要があるなーと、経験的に学びました。

その後徐々にヨーグルト菌が活性していくので、時間も短くなっていきます。

ヨーグルト用の保温機は1,500円くらいの安物ですが、もう何回作ったことやら。多分モトはとれたかな(笑)

では、ブルーベリージャムをかけていただきまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

粗粗な枝切り