パワードスーツと農業

http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140303/260485/

2014年3月5日(水)の日経ビジネスの記事ですが
2015年あたりからパワードスーツが50万円くらいで購入できるようになるようです。

パワードスーツ。
一番想像しやすいのは・・・

アイアンマン

アイアンマン・・・かな?
実際にこういった形をしているわけではないですが(笑)

一般的には介護目的で量産されている傾向が強いようですが
これを農業にも使っていこうとする動きが少しずつ広まっているみたいです。

米の袋なんかは30kgなんですが
一人で持ち上げるのは結構辛い。
これをスーツでアシストしてもらうことができたら・・・なんて思います。

また、中腰のような体勢を長時間続けなければいけないような場合にも
その大勢をアシストしてくれるスーツもあるようです。
これは、果樹などの収穫時に効果を発揮するかも。

なお、個人的には重い鉢なんかを動かせるスーツがあるといいなと思います。
フォークリフトを導入するのも手ですが
必ずしも車両が通れる幅や保管場所を確保するのもなかなか大変ですからね。

ブルーベリーも鉢植えしている方が結構いると思いますので
こういった分野の発展を心から応援したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

法律の壁があっても