ビニールハウスと雪

2017年立春後の寒波。
福井県では昭和五六豪雪の再来で、国道8号線も約3日麻痺するなど大きな影響を与えていました。

今シーズンの寒波は波状攻撃のように難度もやってきていたこともあり、対応がドンドン後手後手に回りぎみでした。そんなときにやってきた今回の大型寒波はダメージ大。メディアには報じられてませんが、ビニールハウスの倒壊も結構あったのではないかと。

写真のようにビニールハウスは、雪で倒壊することがあります。
特にハウスとハウスの隙間に落雪が溜まり始めると、ハウスの屋根まですぐ到達。一般的にハウス屋根は上からの圧力に非常に弱い構造のため、一気に倒壊が始まると言われています。

当農園では、なんとか今回の寒波はしのぎましたが、2017年2月11日にもなにやら怪しげな寒波予想がでているようです。
ということで、さっさとハウスハウス間の横雪を排除。

次の寒波が今シーズン最後の山場になりそうです。
気を引き締めて行きたいとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

常時SSL化