花芽の調整

今日は太陽が時々顔を出すものの、風がすごく冷たいです(涙)

本日の作業は「花芽の調整」。

果樹の多くは、人の手が入らないと隔年結果といって、豊作と不作を繰り返す性質があり、実をならせる代わりに木は弱くなるという年と、実がならないから木が強くなるという年を繰り返します。ブルーベリーも、実がなりすぎると木が弱ったり、場合によっては死滅します。

そこで、実の数を適度に抑えるために、ブルーベリーの場合は花芽を減らす作業を行います。花芽を減らす数は栽培する人の考え方や品種によって違うのですが、「花芽を半分くらいに減らす」というのを基本に考えるといいと思います。そして、弱っている木ならさらに減らすといいかも。

なお、こうして花芽を減らすことで一つ一つの実に栄養が多く供給されるようになるので、実が大きくなる傾向があります。数は減るけど大きな実が取れるし、木も弱りにくくなります。そして、隔年結果も起こりにくくなります。

実の数を減らすことになるので、なんだかもったいない気がしますが、ブルーベリーと長く付き合っていくためにもこうした作業を大切にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA