ガーデンシュレッダー

剪定で出た小枝。

一昔前は、燃やして灰にしてる農家さんが多かったですが、最近は環境に配慮して、粉砕して自然に返す方が増えてきてます。

よく使われてるのが「ウッドチッパー」と呼ばれる大型のエンジン式の粉砕機。かなり太い枝もガシガシ砕いてくれます。
ただしお値段高め。

考えてみたらブルーベリーの枝は比較的細めなので、電動式でもイケるかなー?と考えて色々調べてみました。
電動の場合は「ガーデンシュレッダー」と呼ばれるみたい。
数年前までは細かく砕くことに特化した「ディスク式」が多かったんですが、枝を押し込む必要があったりして、なかなか使い勝手に難があった記憶が。
ところが最近は、細かくないけど、枝を自動で吸い込んでくれる「ギア式」も続々ラインナップ。

ってことで、ギア式を試してみました。
大好きなmakita、hitachiがなかったので、京セラさんです。

試してみたところ体積がかなり減。
1/3くらいに。
流石に、ウッドチッパーみたいに粉々にならないっすね(汗)

ブルーベリーの根本にまくのは、まだちょっと不安なので、その他の植物の根本にまいて、土の乾燥防止に使ってみようかなーと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

防鳥棚の補修

次の記事

遮光ネットの設置