なにかにつながる・・・かもしれない

10月の下旬から、地元の小学3年生が農園に来て剪定を体験している。
全員で150名ほど。
さすがに一回で受け入れられないので、30人程度で5回に分けて受け入れとなった。

実は、切ってほしくない枝もあるので、
ブルーベリー園によっては、この時期立ち入りを禁じて触らせないところもある。
その気持ちすごくわかる。
うちの農園も当初そうしようと思っていたし。

が・・・考えてみれば、ブルーベリーの収穫体験に来ている中で
葉っぱをとったり、枝を折るような人は、
いまだかつていなかった・・・気がする。

ちゃんと説明すればたぶん大丈夫。
ってことで、今回も小学生の体験を受けてみることにした。

結果、みんな真剣にやってくれた。
受けて正解だった。

切ってほしくない枝はちゃんと切らない。
何人か間違えて切って「ごめんなさい」という子もいたけど(笑)
それにしたってわざとじゃなくて、見えにくかったとか。
かくゆうボクも疲れてくると同じ失敗するからね。

で、最初は慣れないはさみにドキドキしてたみんなも
帰るころには慣れてきて、「もっと切りたかった」と言ってくれる子が多々。

「できなかったことができるようになる」って体験は貴重だ。
そうした積み重ねが、自分肯定感とかにもつながる気がする。

小学生たちは「ハサミを使う」ってことが体験できたし
ボクも「小学生たちに剪定を体験してもらう」ってことが実現できた。

こうした経験はきっと何かにつながる気がする。
まだ形ははっきりしてないけど、きっと何かに。

積み重ねていくうちにきっとそれは見えるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA