露出補正とオートブラケット撮影

今日は久しぶりに雪が降りました。

一面の雪、じーっと見てると目がチカチカ。
実はカメラも、雪を認識すると「明るい」と感じちゃう性質があって
「明るい」→「写真を暗くしちゃおう」とカメラは考えます。

なので、何も考えずにオート撮影すると大体こんな感じで
黒っぽい写真になりがちです。

そこで登場するのが「露出補正」。
スマホをはじめほとんどのカメラに備わっている機能です。
プラスにするとこんな感じで明るい感じの写真になります。
※同様にマイナスにすると暗い感じの写真になります。

なので、雪が背景の時は露出補正をプラスにしておくのがいい感じです。

ただ・・・液晶画面ではいい感じに撮れてるように見えてても家に帰って見直してみると
露出補正をプラス側にしすぎてて明るすぎる写真になってたりすることもあるんですよね・・・。

そこで登場するのが「オートブラケット撮影」。
結構しっかりしたアプリやカメラに内蔵されている機能なので
すべての人が使えるわけじゃないのですが・・・。
この機能を使うと
「露出をマイナスにした写真」「そのままの写真」「露出をプラスにした写真」を一度に撮ったり
「そのままの写真」「露出を少しプラスした写真」「露出をかなりプラスした写真」を一度に撮ったりできます。

後悔してから撮り直すのは難しいので
こうして保険的に何枚か同時に撮影して、家に帰ってから選び直すという方法も覚えておくといいかと。

【追伸】
以前、お仕事でカメラをよく使ってたことがあるので
たまにこうしてカメラの使い方について書くことがあるかもです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA