センチピードグラスの芽

ここのところ、晴天が続いてて、
気温も20℃も超えてたり。

そんな中、昨年テストで庭に植えていた
センチピードグラスから芽が出ていることに気がつきました。

センチピードグラス新芽

昨年の暮れには枯れこんで茶色になって
全滅したかのようにも見えたんですが
先端に芽がでてました。
と同時に根に近い部分からはあまり芽がでてません。
いわゆる「頂芽優勢」的な性質を
この芝も持っていることを改めて確認できました。

この芝はほふく性ではあるのですが
時には直立することもあるわけで
芝刈りが必要なのはこういった頂芽優勢も
影響しているのだろうなぁと思ったり。

特性が少しずつわかってくると
愛着も湧いてきますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

枝枯病