センチピードグラス:蒔き芝実験

農園ではないのですが
家の周りに生えてくる草。
これまでは、地道に抜いていました。

ただ・・・
今後夏の時期は農園も忙しいから
草を抜くのも大変になるだろうなぁと思い始め
芝生化計画を実行してみることに。

通常日本では芝生というと
マット芝を張るという「張り芝」が主流。
かなりの速さで芝生を作れる反面
結構なコストがかかるのが難点。

ってことで、
低コストで実施可能な「蒔き芝」という方法を実施。
ただ、この蒔き芝は、
世間ではあまり一般的ではないのか
インターネットを見てもあんまし情報はないし
図書館の芝生の本にもほとんど載っていません。

ってことで、手探り状態で実施してみました。
っていっても、芝の茎を蒔いてたんに土をかけただけです(汗)

では、2015年夏におこなった実験結果を発表したいと思います。

↓2015年06月18日に行った蒔き芝
センチピード20150618

↓2015年07月04日の状態
センチピード20150704

↓2015年08月29日の状態
センチピード20150829

という感じで
だいたい2ヶ月でだいぶ芝が増殖してくれました。
来年はテストしていた部分以外でも実施して
芝の勢力範囲を広げていきたいと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    次の記事

    お米の収穫