むかいさんちの農園ホームページへようこそ

むかいさんちのたいやきについて

むかいさんちのたいやきは、フェイスブックインスタグラムでご確認ください。
※注文を受けてから焼き上げます、十分余裕をもってご来店ください(10分で6枚程度焼けます)。予約が優先となります。フェイスブックかインスタグラムでぜひご予約もお待ちしております。

営業予定日

2024.02

販売場所

道順はこちらのリンクを参照してください
※必ず「友道東側」からのナビで来るようにしてください。
※冬は宮津側から登板できません。

2024ブルーベリー狩り 6月中旬ごろから

2023シーズンのブルーベリー狩り・生果実の販売は終了しました。2024シーズンは、6月中旬からの開始予定です

販売などの情報

むかいさんちのブルーベリー100%の手作りジャムは上記、たいやき販売中や

コットンカフェ・海の駅蜃気楼さんでも販売しています

※昔ながらの製法で、甜菜糖とレモン果汁で一本一本手作り。またペクチンやゲル化剤で固めたり増量したりもしていません。このため150gのジャムのために、ブルーベリー150gを使用。果実がゴロゴロ入っているのも特徴。

ミラージュランドのサンタモニカさんのブルーベリーサンデー

各種アイス、ケーキ・パフェなどは、
大崎丸善さん、
コットンカフェさん、
ミラージュランドのサンタモニカさん、
菓子工房クローバーさん、
SONZU菓子屋さん
ラルブルさん、
ぱてぃしぇのっきさん、
BOBO(宮本みそ店)さん、
にて販売していることがあります


休園期間中の農園見学や就農相談について

※来園視察はブルーベリー狩り休園期間中にお願いします。

突然の来訪では、対応できないので、下記のリンクからのお申込みにご協力をお願いします。


美味しい果物は環境から

果実だからおいしいことが大切。統一性のとれた土や、
名峰、剱岳の由来の水を使い、自動化された潅水・施肥を行うことで
ブルーベリーに適した環境を作ることを心がけています。

口にするものだから安全・安心を

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ebbf142ea5a4e40bf9590028fd073cf0-300x211.jpg です

今の時代、食の安全は、皆様がこだわる大きな要素だと思います。
美味しさの追求はもちろん、安全と安心を提供することを大切にしたいと考えています。

快適な摘み取りのために

当農園でのメインは摘み取り体験です。
小さなお子様から高齢の方、
車椅子の方(※)など、
すべてのお客様が足元を気にせず快適に摘み取りができるように
地面に防草シートを敷いています。

※車椅子での侵入が難しい時期が一部ございます。来園前に一度ご確認のためご連絡くださいますようお願いします。

アクセスしやすい立地&近くのスポット

当農園があるのは国道8号線吉野交差点そば。
アクセスもかんたんです。

さらに近くには、
各種都市公園、魚津水族館やミラージュランド、
新川文化ホールといった
本市を代表する施設も立地。
ぜひとも当農園と一緒にご利用ください。


ブルーベリー狩り体験園として開園

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8a452b4a46e889b58a474a41b8acb0c2.jpg です

「子どもたちに収穫の喜びを体験させてあげたい!」
「もぎたての新鮮ブルーベリー食べたい!」
「口に入れるものだから誰が作ってるのか知りたい!」
そんな、みなさんの思いかなえます♪
むかいさんちの農園は、2017年夏、
魚津市初のブルーベリー狩り園としてオープンしました。

園のある魚津市吉野は名峰「剣岳」の水に恵まれた地域。
名水の水でブルーベリーもスクスク生育。
また、「ポットによる養液土耕栽培」で
水や肥料の消費量を軽減し環境にも優しい栽培を行っています。


ご利用やご協力いただいた団体など

●2023年7月「上中島公民館」
●2023年7月「下中島公民館」
●2023年7月「上野方公民館」
●2023年7月「道下公民館」
●2023年7月「堂和保育園」
●2023年7月「えがおのぽぴぃ」
2023年7月「魚津の農林水産業体験・応援事業 親子体験会」
●2023年7月「北鬼江の自治会」
2023年6月・7月「魚津市教育委員会 魚 ...

マスコミなど掲載

取材希望の方はお気軽にお問合せフォームからお問合せください。 ●2023年6月「北日本新聞」「富山新聞」「北陸中日新聞」
2023年6月「NHK」「KNB」「富山テレビ」「チューリップテレビ」「日テレ」「FNN」「TBS」「NICE-TV」
●2023年6月「ラジオミュー」 ●2022年7月「魚津市観光協会」
●2022年6月「北陸中日新聞」
20 ...