見かけたら切除がベスト「枝枯れ病」

そろそろブルーベリーの花も咲き始めそうなので、その写真を…と思ったけど、その前に家庭菜園してるみなさんに役立つ情報を♪

剪定や花芽調整がほぼ終わりかけたころ、唯一見かけた「枝枯れ病」らしき枝。

芽の付近が紫色っぽくなってて、放っておくと、その名のとおり、枝が枯れます。

オススメなのは「キリトール(切り取る)」ですね(笑)
下手に生かそうとするより、思い切って、遠くまで切り戻すのが間違いないです。病気が広がる方が良くないですし。

昨シーズンは、ラビットアイ系の一部品種によく見かけたのですが、今年はこの写真の枝しかみかけず。病気の少ない冬だったのかも?
※もしかしたら昨シーズンは凍害だった?

家庭でブルーベリーを栽培している方は、ぜひこの時期に確認を。これから病気が少しずつ進行する季節に入るので、探すのなら今のうちに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA