あこがれの農園へ

「成幸するブルーベリー農園講座」では、講演だけではなく、2018年12月2日の午前は農園を観察できる時間も設けられてました。

むかいさんちの農園が開園するきっかけとなった「ブルーベリーファームおかざき」とそのオーナーの畔柳さん。初めて訪れたときはブルーベリーを栽培したことも、ましてやそれを生業にもしてなかったころ。あれから5年。あの時とは違う気づきがでてくるでてくる。そして、畔柳さんに聞きたいこともずいぶん変わってることに気が付きました。たった5年だけど、あのころから自分も変化したんだなと改めて実感。

散策の後には、焚火や焼き芋などで、もてなしていただきました。暖かい火に囲まれながら受講生のみなさんが、畔柳さんに様々なことを質問しているのを見て「本当に大人気だなぁ」とうらやましく思ったり。気が付いたら見学の予定時間を大幅に超過。みなさん、交流を楽しんでいるようでした。

二日間のセミナーを通していろんな人がいろんなきっかけを得たんだろうなぁと思います。そうしたきっかけを作った畔柳さんは本当にすごい。そして、そのきっかけをもとに新しい道を歩む人たちが出てくるんだろうなと思います。そんなみなさんに素晴らしい未来がやってきますように!

二日間とてもよい経験をさせていただきました。むかいさんちの農園も頑張っていきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA