いまさらWindows7

2020年の1月で一般サポートが終了しちゃうWindows7。

ギリギリの今になって、大切なアプリのなかにWindows7(正確には8、8.1も可)じゃないと不具合があるやつ発見。

以前仮想化したWindowsXPなら動くのでは?と思ったけど、こっちもうまく作動せず。

ということで、今更ながらWindows7の環境を仮想化しておくことに。

これで仮想化が完了したのは・・・MS-DOS5.0、Windows98SE(4.1)、WindowsXP(5.1)、Windows7(6.1)となりました。
※ちなみに仮想化してないのは・・・ WindowsVista(6.0)、Windows8(6.2)、Windows8.1(6.3)

無意識的に、メジャーな内部バージョンが包括できていることに気が付きました。

これでしばらくは、動かないアプリに遭遇することはなさそうかなと。

しかし、今後Windows10も仮想化しなきゃいけないこともあるのかな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA