人工の無害の土

植物を育てる土。
しかし、土はその場所ごとに中身が全くといっていいほど違います。
そのため、場所によっては植物が全然成長しないといったことも生じます。
そこで、当農園ではフラワーアレンジメントなどでもよくみかける
「アクアフォーム」を土として使用しています。
アクアフォームはフェノール樹脂を原料とし、
吸水性・保水性・通気性に優れ、環境基準にも適合した無害の物質。
この無害で、一律な成分構成をもつアクアフォームを使用することで、
当農園ではブルーベリーごとの栽培環境を統一することにしています。
↓アクアフォーム

 名峰「剱岳」の水

当農園で栽培に使用している水は
日本でも数少ない氷河がある
立山連峰の「剱岳」を源としています。
農園のそばを流れる早月川では
一年を通して常に豊富に美しく水が流れ
古くは万葉集の時代、
「立山の雪がとけて、馬の足掛けまで
はいつき川(現在の早月川)の水があふれてる」
と、大伴家持が詠っています。
また当農園付近には
「やこしさま」とよばれた湧き水が存在していました。
やこしさまの水は、病に効くいわれ
わざわざ遠方からも水を汲みに来る方もいたと聞きます。
そんな水を当農園では
ブルーベリーのために惜しみなく使用しています。
↓早月川

 自動液肥混合システム

ブルーベリーは他の作物と比較すると、
非常に酸性度の高い、特殊な環境で良好に生育します。
そこで、当農園では自動肥料混合機を用いて
ブルーベリーにとって最適になるように
養液肥料を混合し、ブルーベリーにあたえることにしています。

 点滴による水やり

当農園ではブルーベリーには
ポトポトと水滴で水やりを行います。
土の構造を変えることなく、
ゆっくりと水が染み込み、
新鮮な空気と水が根に届けられ
活発に根が活動してくれるようにしています。
↓水やり中の様子

 有機肥料の使用

最近の研究で、
化学成分だけの無機養液のみで栽培を行った場合には
根が育たず痛み、脆弱に育つことが報告されています。
そこで、当農園では有機養液を用いて
強い根を育成するための栽培を行っています。