減農薬への取り組み

ブルーベリーはもともと強い植物なので
農薬の使用を最小限に抑えることが可能な果樹です。

病原菌や虫のすみかとなる雑草がはえないように、
地面には防草シートを敷き、
草取りも頻繁に行うことで、
病害虫の発生を抑えるようにしています。

また、農薬を使う場合もその散布量を極力抑えたり、
有機栽培に使用できる農薬を可能な限り選択するほか
農薬の残留が少なくなるよう
余裕を持った期間で散布するようにしています。

見える農園を目指して

生産者のことがしっかり見えることが
安心につながると考えます。
そこでホームページなどで
情報提供も活発に行い
見える農園を目指します。

食育にも貢献したい

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5f4e52cff907036e14a3d583e55838b5-262x300.jpg です

どういうプロセスを得てみなさんの食卓にあがっているのかなど
食育に関する取り組みにも積極的に取り組んでいます。

最近では、各種教育機関などとも連携して
こうした取り組みを行うことが増えてきています。